2018年05月25日

仕込み完了

浅漬け作った!
ハチミツニンジンサラダも終わった!

炒めるものも揚げるものも、全て刻んだり、段取りを整えたり。六割?完了。

あとは明日早起きして、仕上げだけ。

さて、明日はいよいよ小学校最後の運動会。
去年みたいに、お弁当のほぼ全てが作り終わったところで延期、ということはなさそうだから 良かった。

しかと見届けなきゃ。


m1k2jakmkkm at 23:54|PermalinkComments(0)

2018年05月24日

怒涛の週末に向けて

さて、明日は金曜日。

明日は頭が忙しい。

そして土日は体が忙しい。


そなえて、早寝した方がいいというのに
家事もたまっている(涙)から、やっつけないと寝られないという。


トホホな気持ちになりつつ、でもビールがおいしいからよしとしましょう。そうしましょう。

あぁ。サケ漁が増えていくー

違った。酒量、でした。


ところで本日漢字テストで「大漁」のふりがなをまちがえたお嬢さん。

大丈夫かよ・・・。なぜ間違える。間違えようがないじゃないかー。


漢字とか、英単語とかで間違えるのは、単純に勉強不足!

心入れ替えて きちんとやれっつーのー




m1k2jakmkkm at 22:12|PermalinkComments(0)

2018年05月23日

失くし物・続報

昨夜は、落ち込んだまま、掛け布団を頭までかぶって寝入ったお嬢さん。
あ、泣くんだな、と思って そっとしておいたけれど

案の定、今朝は泣きはらしたような腫れた目で起きてきた。


ところで。話題転換。
お弁当。幼稚園の頃は週に一度のお弁当、小学校は年に2回か3回のお弁当
実はそのたびに 母は、お嬢さんにあてて手紙を入れておりました。
手紙、といってもメモ紙程度のメッセージ。
たいして、内容のないメッセージの手紙なのだけれど

中学に入学して、最初のお弁当の日にはさんで
「これからは特別な日だけはさもう」と思って翌日にはさまなかったら
「おかあさん!なんで今日手紙ついてなかったのー!これから毎日集めるから、入れてよー!」とな。

え!?そうなの?毎日、ウザいとかない??

しかしリクエストならばこたえましょう、ということで 毎日 ちょっとした手紙を入れている。

中間テストの日はガンバレ!とか、夕立予報のある日は「帰り気を付けてね」とか。

で、今日。

今日は少し長めの手紙をお弁当包みに挟んでおいた。
失くした物が見つかるといいね、と思っていること。
大切に使っていたコップが割れちゃうときがあるように、もしも見つからなかったら
それはその物とサヨナラのタイミングで、新しい出会いがあるんだよ、ということ。

もちろん、みつかるように願っているよ、と つたない挿絵もいれつつ、結びの一言。


さて、今日は雨予報だったのでバス通学。

部活を終えて、帰宅後どんな顔で帰ってくるかと、ドキドキ。

結果、失くし物はみつからなかったものの
モヤモヤしていた、貸した友達にはもう一度「実は見当たらない」ということを伝えられた様子。
するとその子も「じゃあ、もう一度家を探してみるね」と言ってくれたとな。
スッキリした笑顔で帰ってきた。母はそれだけでほっとしたよ。
失くした物はみつからなくても、とりあえず、友達には見つからない旨を伝えられてよかったね。


ところが。ここで新たな事実が発覚。
なんと、3クラスあるうちの、他のクラスでも、同じ文房具がなくなる事件?があったようで
ある文房具、(たとえばシャーペンとか、消しゴムとか)それが、3人とも、同じアイテムがなくなっているのだ。


なぜ?なぜゆえに~~~?

すると、貸した友達は本当に机の上に返してくれていて、
それを、移動教室からお嬢さんが戻ってくる前に 誰かがもっていってしまった??
え、その文房具を集めている人がいる?(なわけないでしょうがね☆)

果たして、真相やいかに。

なぜ、同じ時期に 同じアイテムが 本人に覚えがないのに忽然と消えるのか。
謎であります。

皆、ただのうっかり不注意、かもしれないけれどね~

3人とも、見つかるといいのにねん。

m1k2jakmkkm at 21:51|PermalinkComments(0)

2018年05月22日

カワイソウニ。

お嬢さん、学校で 大切にしてきた文房具を失くした様子。

先週、友達に貸して
数日たっても見当たらない。
あれ、返してもらったっけ?ときくと
「机の上に乗せておいたよ」との返答。

うーむ。それは返した、といえば返したことになるけれど
どうして手渡しで返してくれなかったの・・・

それは、小学校に入学する時に買ってあげたもの。
ぜんぜんたいしたものじゃないし、すでに薄汚れて
たとえば誰かが手に入れたいような、そんなプレミアものでもないのだけれど

とにかく、お嬢さんにとっては6年間大事に使ってきて
中学に入ってからも 毎日使っていた文房具なのだ。

落ち込んでいて何も手に付かない様子のお嬢さん。

あのね。これで学んだね。
冷たいようだけれど、人には貸さない、そしてあなたも人から借りない。
貸すイコール、戻ってこないかもしれない覚悟。
人から借りた場合は きちんと本人に手渡しで返すこと

キリがないけれど
仕方ないよ・・・

とはいえ、2012年発売の文具、どうにか手に入らないかと
ネット検索しまくりの母なのでありました。

かといって、ネットで見つけてもきっと買わないけれどね。
町の文房具屋さんで、定価で売っていたら買い直しちゃうかもしれないけれどー。

落し物箱とかに入っているといいのにな。見つかりますように、と願う母心であります。

m1k2jakmkkm at 22:06|PermalinkComments(0)

2018年05月21日

大太鼓と歓声。

本日はお仕事お休みデイ。
午前中はバタバタしていたものの、13時すぎに家に戻ってホッと一息。

さてお昼を食べようか、と思ったら窓の外からなにやら音が。

ドン、ドン、ドンドンドン、ドン、ドン、ドンドンドン

んん?これは応援団の練習?

時間割をみて納得。ちょうど昼休みで、遊んでいる子供たちの声と
それにまざって、応援団の練習の音。

坊ちゃんは、今年はついにリレー選抜からもれてしまい、かわりに応援団へ。
今まで、応援団には入れなかったのだ。(リレーの時に応援するのが応援団の仕事のひとつなので)

団長は赤組は学ラン、白組は袴と決まっていて
(それがたしか、自分が小学生のころからそうだった。伝統で続けてくれているってすごい!)

坊ちゃんは、声が大きいのでよもや団長か、とかつがれそうになったものの

おれはスターターをやりたい!→じゃんけんに負けて終了。
じゃあ大太鼓!→ブラバンの子にゆずって終了。

というわけで 団長はいやだ、昼休みがつぶれるからいやだ!と拒否して

結果、ふつーに、応援団の「団員」になることに。


がしかし、あたりまえだが団長だけでなく、応援団は昼休みに練習がある。
リレー選抜だって、バトンの受け渡しとか 入場の仕方とか いつも練習あったじゃん、というかんじだけれど

好きで走っていたリレーと、いやいや引き受けた応援団(でも本当はちょっと嬉しいくせに)では

練習に対する熱が違うようで。


夕方の風はさわやかだったものの、13時台はジリジリと暑い中で

遊び回る声に混ざって聞こえてくる応援団の練習の声は、なんだかえらいなーとしみじみしてしまった。

一拍子、二拍子、三々七拍子、そのあとに応援歌。
赤と白と、二つ分聞こえてきた。(歌は、さすがに全校生徒で練習しているわけではないから
太鼓しか聞こえなかったけれど)


土曜がいよいよ本番。
同じく土曜が体育祭のお嬢さんも、今日は予行演習だったので、体操着を持ち帰ってきた。


5人6脚?競技で 転んだらしく、ひざをすりむいて帰宅。
そりゃそうだ。だって、運動靴を持参するのを忘れて、ローファーで練習に参加。

4月におろしたばかりのローファーが、ほこりだらけの真っ白で、さらに横じわだらけになって帰宅。
ひえぇぇぇ。ローファーで校庭で運動会の予行って。ひどすぎるー。



それにしても、それぞれの場所でがんばっているのねん。


母もがんばりますわ。




m1k2jakmkkm at 22:07|PermalinkComments(0)

2018年05月20日

明け方

明け方に目が覚めると
ヨーダばあちゃんが旅立った日のことをよく思い出す。

なんとなく、勝手なイメージだけれど
なぜ人の命は 明け方にひいていくことが多いのかなって

いや別に多くないんだろうけれど

なぜか自分が知っている近しい人は 昼よりも夜、夜中よりも明け方、に
旅立ってしまう人が多かった。


今日は、6時の花火で目が覚めた。隣の隣の区域あたりの小学校が運動会かな。
しかし、6時の前にも 何度も目が覚めていた。

4時だったり4時半だったり。いつものことだけれど。
それにいやな予感がからむと、ロクなことはない。胸騒ぎがしてよけいに眠れなくなってしまう。
(や、でも結果もう一度眠れたから、花火で起こされてびっくりするのだが)

細切れに何度も目が覚めて、次がいきなりのドン!ドン!という花火だったものだから
余計な心配をしていた自分がおかしくて 笑ってしまった。

そんなはずはない。大丈夫大丈夫、元気元気。


人は入院をすると
仕方ないけれど、ベッドの上にいてあまり歩かないから
筋力は落ちるし
運動していないからお腹もあまりすかなくて

だから、ひとまわりもふたまわりも 小さくなってしまう。

自分も、肺で入院した時に たった一週間でも足の筋肉がおちて
ふともものあたりが気持ち悪かった。たるーんと細くなって なんだ、この頼りないかんじは、と。
全体的に張りがなくなった。腕も足もぜんぶが。


筋肉も脳も、使わなきゃだめってことですわね。

無理して延命治療をして元気になれ、というのではなくて
ただ寿命をまっとうしてほしいだけ。


神様 その人に正しい時間を。急に連れていったりしないでください。



m1k2jakmkkm at 21:34|PermalinkComments(0)

2018年05月19日

のんびり。

さわやか土曜日。
お嬢さんは部活へ。坊ちゃんは友達と遊びにいってしまったので
思いがけず、一人ゆっくりのんびりデイ。

明け方はざあざあ降りだったので、どうなることかと思ったけれど
お嬢さんが登校する頃には、すっかり太陽がまぶしくて

自転車通学だと、ほんと今まで以上に天気が気になるけれど

きっとおおままちゃんも、こんなふうに毎日気をもんでくれていたんだろうな・と しみじみ。

気が付けば5月もあっという間に半ば過ぎ。

梅雨がくるのかー。

厄介だ。

m1k2jakmkkm at 22:34|PermalinkComments(0)