2017年06月16日

無事登校。

さて、本日は坊ちゃん、無事に学校へ。

母も仕事へ。

仕事に行けるシアワセ。

家族が健康でいるって 本当にありがたいことなんだなーとしみじみ。

そして自分の健康もね。



今週末は 体力温存させたいところだけれど

すでに遊ぶ気満々の坊ちゃんなのでありました。

まったく、人の心配をよそに。
母親なんてソンな生き物だ。

m1k2jakmkkm at 23:16|PermalinkComments(0)

2017年06月15日

休息デイ

坊ちゃん、結局熱が下がらず
本日は 学校お休み。そして母も仕事はお休み。

坊ちゃん、6年間で精勤賞の夢たたれたり・・・

まあ仕方あるまい。


夜中は 何度も寝苦しくて目が覚めていたようで
隣の部屋で寝たとはいえ、坊ちゃんのため息や、寝返りや、寝言のたびに
母は起きてしまい
心配で様子をみにいったり
あ、またトイレに起きたな、 お、声かけずにまた布団に入って寝たな、などと

結局、母も寝不足。

明け方5時。坊ちゃんのため息が聞こえたので ひたひたと歩いて向かうと
ぼぉっとした目で見る。

あーだめだこりゃ、まだ熱さがってないや、と思った通り 37.8分。


休みが確定した瞬間でありました。


登校時間には いったん36度台に落ちたものの
この微熱で 以前登校して 結局保健室送りだったのもあり

今日はだいじをとってお休み。

その後すぐに 37度台後半にぶり返したので

休んでよかった、と思う母でございました。


結局、夜の寝不足を解消するかのごとく

お昼をはさんで こんこんと眠り続けた坊ちゃん。


安心して眠る様子をみていたら

なんだか泣きそうになった。


熱がさがって 元気にしていたら、午後から仕事に行っちゃおうかなーと思っていた母。


でも

きっとこの人、お嬢さんより さらに繊細だから
「おかあさん、お昼から仕事いってもいいよ?」とか言う割には

母がいるからこその、安心して ことん、と眠りに落ちる感じ。

今日は、そばにいてあげられて よかった。
会社には迷惑をかけてしまったけれど

一人で留守番させたら
きっと、気が張って 眠れなくて
見るともなしに DVDをつけたままとかにして
体調が完全復活することはなかっただろう。


熱はあがったりさがったりしたものの
夕方ぐらいから ようやく落ち着いて

明日は学校に行けそう。


母も、明日はためてしまった仕事をやっつけねば。

今週の仕事は今週のうちに!

m1k2jakmkkm at 20:08|PermalinkComments(0)

2017年06月14日

ふんだりけったり

本日も残業。お嬢さんに、「遅くなっても大丈夫だよ~」と言われ
甘えて16時半すぎに帰宅すると
学校から元気に帰宅したのちに、遊びにいっていた坊ちゃんが
すでにリビングに戻っていた。

ひざ掛け毛布にくるまって、ごろんと横になっている。

顔が赤い。

がーん。

ハイ、発熱。38度5分。
あほかー!体調悪いなら外に遊びに行かなきゃいいのにー(涙)
後悔。ワタシがもっと早く帰宅していれば。
帰宅直後の坊ちゃんの顔をみれば 熱が出そうなことはわかったはず。

遊びになんて行かせなかったのにー。

喉が痛いという。4月下旬に溶連菌を一度やっているけれど
クラスでは まだ溶連菌がいるらしい。5月も今月に入っても
各学年にぽつりぽつりと 罹患者がいるようで
まさか、また?菌がたたききれていなくて、また悪さしはじめたとか!?

かかりつけの小児科が 今日の午後は休みという間の悪さ。
仕方がないので、乳幼児期に予防接種でいったことのある小児科へ。

結局、のどは赤いというものの、溶連菌の赤さではないということで
坊ちゃんにとってはいつもの、「喉から来る発熱でしょう」ということで
抗生物質をもらって帰宅。


明日は熱が下がっていますように・・・


そしてふんだりけったりのネタの続きは後日。

坊ちゃん、学校のプールで寒冷蕁麻疹も出してしまいました。


もう、冷たいプールに入れなかったらどうしよー



m1k2jakmkkm at 22:10|PermalinkComments(0)

2017年06月13日

嬉しくて。

本日は、昨日出勤したかわりにお仕事お休みデイ。

おおままちゃんが、お友達とランチをするというので

待ち合わせ場所に顔を出しに行った。

というのも、そのお友達、いちこの結婚式にも招待して、来ていただいた方。

おおままの友人、とはいえ
生まれてすぐのころから ずっと私の成長をみてきてくれた方。

その人の子供は息子だったから、私たち子供同士は
学校が違ったこともあって 途中から疎遠になってしまったけれど


今でいう、ワタシとマメ母ちゃん、うちのお嬢さん、みたいな関係だ。
だから、お嬢さんにとってのマメ母ちゃん、みたいなものだ。将来的に。


マメちゃんとお嬢さんは同性だから きっとこの先もずっと続いていくだろうけれど(^^)


成人式の着物姿を見せに行ったり、結婚式にきてもらったり
自分にとって、おおままちゃんの友人はとっても大切な人。

だから、その人が 大病を患った時は 心配で心配で
その人のことも心配だったし
万が一その人を失ったりしたら、おおままもどうなってしまうだろう、と計り知れなかったし


だから。だから。


退院して、快気祝いをもって挨拶にいらした、と聞いた時には

本当に嬉しくて 涙が出た。


入院中、お見舞いに行きたくても

ずっと「子供」だったあなたに心配をかけたくないはずだから

あなたが大人の顔をして会いにいくんじゃなくて

会わずに祈る、というのもひとつのカタチだと。


会いに行くことで満足するのはワタシ、
小さかった私に心配をかけてしまってごめんなさいと思ってしまうのが 病と闘う人間


と思ったら


やっぱり、お見舞いになんて行けず、ただ祈るしかなかった。



その、お友達の

元気そうな笑顔をみたら ほっとしてまた泣きそーになってしまった。


会えてよかった。


ほんの数分の立ち話だったけれど(ランチはさすがに遠慮した。母たち二人で 積もる話もあるでしょう)


今朝焼いたばかりだというパンと、
「自家製よ、無農薬で育てたから虫喰いの穴があってごめんなさいね」のラディッシュをいただいて


晴れやかな気持ちで帰宅。



子育てを同じ時代に経験して、ともに過ごした戦友っちゃー

キズナが深いよなー。と思った昼下がりでございました。


そして自分に重ねてしまうのだ。
きっとお嬢さんにとってのマメ母ちゃんは こんな存在になっていくんだろうな~ なんて(^^)



m1k2jakmkkm at 21:40|PermalinkComments(0)

2017年06月12日

ボツ


途中まで書いたけれど、ボツ。

ボツ決定。

なんだか、それが本当にアップしたいこととは思えず


一思いに削除。

昔は、書いたものは消しゴムじゃなきゃ消えなかったのにね。



難しいお年頃の二人をかかえて
母もぶち切れそうになりますが。


心穏やかに頑張りたいものです。

歯くいしばって がんばるぞー(涙)


なんのこっちゃ わからなくてすみません。




m1k2jakmkkm at 22:19|PermalinkComments(0)

2017年06月11日

住まいの贅肉

日曜日の午前中に、整理収納の番組をやっていて

ここ最近は、いつも録画しておいて、さりげなくお嬢さんがいる時に
流し見をしていたのだけれど


いよいよ、お嬢さんがやる気になったようで
昨夜、
なぜこの時間から始める(-_-) という時間から片づけを始め

その時点では45リットルのゴミ袋が一つ分。

せっかくやる気になっていたのに、タイムリミットがきて
中途半端なまま寝かせなければならず

もったいなかったなーと思っていた。

今日も続きをやってくれるのかな?と思いながら

しかし母の予想を裏切って、午後は友達の家に遊びに行ってしまった。
まあ、電話がかかってきて、誘われたし 仕方ないか。と思いつつ
「4時に帰っておいでよ。明日ゴミの日だから、その前にもう一片付けしちゃえば?」

全く期待していなかったのだが

そこからのお嬢さんのスパートがすばらしかった。

3時間、黙々といる・いらないを分け続け

なんとゴミ袋8袋分のいらない物たちを排出。

しかし潔い。
あれもこれも、もういらないのか☆

さんざん探し回った クリスマスプレゼントや
苦労して集めたマスコットやカードなども

もっていても仕方ないから 早く捨てちゃえばいいのに、とは思っていたけれど

実際
そっかー もういらないのかー

つか!いったいいくら分!!!と 頭の中にお財布から飛んでいくお金を想像した母でございました。


しかしスッキリ!

本当はまだまだ片付けてほしいところがたくさんあるけれど


彼女なりに、クローゼットの引出の中などがきれいになって

すがすがしい気分であろう。


そもそも どうしてこんなにやる気なのかは
坊ちゃんと二人で使っている部屋を
いよいよ「わってくれ!」ということ。

わかるよー。異性の姉弟だもんね。部屋、仕切ってほしいよね。

だましだまし、使ってきたけれど

困ってしまうよ。

建築当初は、ちゃんと壁をいれる予定だったから
扉もふたつ、エアコンの穴も あとから設置できるように ちゃんと空けておいたけれど

18歳で家を出ていくことを 勝手に想定している母としては
アコーディオンカーテン?家具で仕切る?
そもそも、仕切ったらかなりせまいのに、エアコンもうひとつつけなきゃだめ??
(いや、暑さに耐えられないだろうから、つけなきゃいけないのは承知しているが)


ここへきて、出費がかさんで痛いっすー

そして、部屋を割ってしまったら
風通しが悪くなって、3階がよけいに暑くなりそうだー(涙)


どうしたもんじゃろうのー

m1k2jakmkkm at 22:21|PermalinkComments(0)

2017年06月10日

幼稚園時代の友。

お嬢さんが、久しぶりに幼稚園時代の友達にバッタリ会った。
習い事の教室で。


先日、実は友達の方がお嬢さんの存在をみかけていたようで
今日になって、ついに相手から話しかけてくれたよう。

二人、2年ぶり(マメちゃんのお琴を聴きに行った時に、卒園以来で会っている)の再会に
会話もはずんだようで

これからは、また毎週会えるね、と別れた。


迎えに出向いていた母は、建物から仲良く出てくる二人をみてびっくり。
「ひゃ~~!!〇〇ちゃんだよね~~~!?」

母の方がコドモのようにはしゃいでしまった。
相変わらずキュートで、背が高くなっていてびっくり。
うちのお嬢さんも背が高いほうだとは思っていたが
目線からすると153センチ位かな?お嬢さんより少しだけ高く見えた。

同じく迎えにきた その子のママに「きゃ~!!久しぶり~~!!」と手を振り
車はすぐに発進せねばならなかったので、名残惜しく・あわただしくサヨナラ。

またつながりができて嬉しかったな。


それにしても。
幼稚園時代の友達っていいな。

ほっとする。


利害関係(!?)が何もなくて
ほんとーに皆いい人たちだった。


楽しかったなあ・・・(遠い目)


卒園してから6年か。
そりゃー 皆成長するってもんです。

母は老ける一方だ。




m1k2jakmkkm at 21:52|PermalinkComments(0)