2018年01月11日

報われた

吉報を受け取って、泣きそーになった。

いや実際、涙ぐんだ。

母とはそーいう生き物である。


今朝も、先週土曜の悪夢再来で

4時前から目が覚めてしまい、そのまま うとうと。
新聞屋のバイクの音でハッキリ覚醒し
その30分後に もう一誌の新聞屋のバイクで完全にあきらめ

そんなふうにして、早朝から 落ち着かず

日中も 一日何も手に付かず。
仕事を休んで 待っていたわりには
速達簡易書留は 夕方にしかこなかった。

いちにちじゅう 胃がすうすうして

こんなの、自分自身の身に起こることだったら ここまで緊張したりしない。

重ね重ね、母とはそーいう生き物であります。


今は胸のつかえが下りて
一年分の、「ほっ」としている という実感。

よかったねえ。よかったよかった。

備忘録的に。

m1k2jakmkkm at 21:59|PermalinkComments(0)

2018年01月10日

お歳暮ギフト崩れの

瓶ビールを旦那が買ってきてくれて。

それをさっそく飲んでみたら
おいしーい!

アサヒドライプレミアム芳醇 稀少ホップ100% エクストラ 生ビール!

あれ、なんであっという間に飲み終わっちゃったの
と思って気が付いたら
310mlだった。350より少ない、その たった40ミリリットルの差が 少ないと感じるとは。


18時台のお風呂上り、夕飯を作りながら飲んでいるワタクシめには
ちょうどいい量でありますな。(食前酒的な。その後 食事しながら追加で飲むのだが)


さて。
本日も風が強くて 夕方からは極寒だったのだけれど
そんな中、坊ちゃんは17時すぎからサッカー。
ぺらっぺらの薄着で、ほんとーに寒そうなのだけれど
18時半まで 元気に走り回って
鼻の頭を赤くして帰宅。


風邪をひいてくれるな!と 戦々恐々と思っていた頃からしたら
ちょっとは気を抜けるようになったけれど
それでも、とりあえずは はやりものをもらってこないように要注意してね、というかんじ。


働く母は
子供の体調不良で休むのが 一番つらいのだ。

自分は元気なのに、仕事を休んで迷惑をかける申し訳なさといったら。


しかしなー。

いつになったら 具合の悪い子供を放置して 仕事を休めるの?
中学生になっても 高校生になっても
やっぱり心配で仕方ないんだろうな。

(って、そうえいばこの間、初めて頭痛で休んでいるお嬢さんをおいて休んだ自分)

置いていったら いったで、結局いちにちじゅうものすごーく心配し続けて
仕事中も気になって仕方がないのだから


そうおもったら

なんて父親は気楽なんだと 腹が立って仕方がないいちこでございました。

世の中すべてのお父さんにあてはまるわけじゃないけれどさ。

でもとりあえず、世の夫たちは、「奥さん」に任せていられるなら 安心、と思って
仕事が手に付かないなんてないだろう。

「母」は、もし 具合の悪い子を自分の母や義理母に託して 自分が仕事にいったら。
自分の夫に託して 仕事にいったら。

結局は、自分が見ていない、という罪悪感や 人に任せていられない、という不安感から
結局は 気になってしかたないんじゃないかと。

いや、これも すべての母親像として語ってはいけませんね。

あくまで自分が、人に任せられないだけなんだな。

元気いっぱいの状態の留守番をまかせるなら もう心配したりしないで 人に丸投げできるように
とっくになっているけれど(赤ちゃんの頃はそうもいかなかった)


でもやっぱり
具合が悪いのを たとえば義理母さんや、おおままや、だんなに任せて 自分が仕事にいっても

結局は 気になって仕方ないんだろうな。

もうちょっと、人を信用しろよ、というところだろうけれど。

つか、子供たちの父親をもっと信じてあげろよ、ってかんじだろうけれど。

信用ならねー(笑)

具合が悪い子を見ていてもらう、という状況においては

やっぱり 人には任せられないなーと

しみじみ、育児を抱えてしまう気質なんだな、自分は。と思って受け入れるしかない(トホホ)


本日はすでにアルコール量がいつもより多くて
長々と失礼いたしました~

皆さま、ご自愛くださいませ。

m1k2jakmkkm at 21:40|PermalinkComments(0)

2018年01月09日

新学期スタート

とはいえ、二学期制なので始業式があるわけでもなく
ふつーの5時間授業がいきなりスタート。

しまりがないな~


二人は、お道具箱や習字道具など 大量の荷物を持って登校。
窓越しに、登校班の待ち合わせている現場を眺めつつ
今年も 新年初日が 健康で無事登校できることに感謝しつつ

母も いつもより早めに出勤。


今日は天気予報通り、暖かったのかな?
ずっとオフィスの中にいるので、気温がわからない。
むしろ、足元がずっと冷えていた。

帰宅する頃は ものすごい強風で
寒いじゃないのさー!と心の中で誰に悪態をつけばよいのやら。

そんな中、自分はと言えば
出勤早々、たまっていた仕事を片づけるのに精いっぱいで
ふとしばらくたってから、オフィス内の席替えに気が付いた。

あれ、ここどこを動かした?ホーなるほど、そこにこれがくるー、というかんじ

明日からもしばらく早出をガンバロウ。

今年も、目の前のことを粛々とやる、をモットーに

とりあえず がんばろー。

m1k2jakmkkm at 22:20|PermalinkComments(0)

2018年01月08日

お嬢さんとの時間

さて、本日はずっと前からお嬢さんと約束していた「デート」を果たすべく
お買いもの&外ランチ。

お嬢さんの行きたいところへ行き
お年玉で、思う存分に買い物をし、
フルーツサンドのお店でランチをし、
ついでに「かわいー!これ絶対欲しい―!」というので
セールでネクタイ付きのブラウスを買ってあげて 終了。


平和だー。
平和な時間だ。

その間、坊ちゃんはこの寒いのに外で遊んでおり
昼をはさんで、午後は雨が降ってきてしまったのになかなか帰ってこず


いったん雨が小やみになった隙をねらった(とか本人が言うが)
雨が降り出してから40分後くらいに 頭からびしょびしょになって帰宅。

あほか!明日から新学期なのに 風邪ひいたらどうするのさ!

「フードかぶってたから大丈夫~~♪」

じゃないっつーの!


明日からは新学期。大荷物で頑張って登校してくれたまへ。

母も メンバーが入れ替わった職場に ちょっと緊張しつつ出勤致しましょう。

m1k2jakmkkm at 16:30|PermalinkComments(0)

2018年01月07日

大吉祭り

さて、今日はやっと初詣。
初詣、元旦や二日に行くのが当然だった自分としては
1/7まで行けなかった年なんて、物心ついてからは生まれて初めて。

だんなは仕事だったので、お嬢さん坊ちゃんと3人で行ったのだけれど
なんと3人そろって大吉。これまたお嬢さんが生まれて、おみくじをそれぞれひくようになって
初の出来事。
お正月は多めに大吉を入れているかなーとは思うけれど(え?ちがう?)
それぞれ違うところから、違うタイプのおみくじをひいて3人とも大吉とは。

結ばずに、持ち帰ってきた。

その後、おおままちゃんの実家への挨拶と、だんなの実家へ。

お年玉も受け取り、やっとお正月らしくて 嬉しそうな二人。

母も、今日は家事を休んで 楽しい一日でありました。

七草粥も食べたし、これで一年無病息災!ということにして
さて、あさってからの仕事はじめをがんばろう。

冬休みもようやく明日で終わり。
短かったような、長かったような。

お嬢さん、小学校生活も残りわずかでございます。

m1k2jakmkkm at 21:33|PermalinkComments(0)

2018年01月06日

きっと忘れない。

今日、運転中の早朝に見た、
雪山の男体山(なんたいさん、と読みます)の景色は

きっと一生忘れない。

本当にきれいなのです。北関東の雪山の景色は。

白馬のスキー場のあたりを思い出したりもします(山の形は全然違うが)

長野とか、蔵王とか、ふつーに でーん!と山が空にとけこんでいるかんじ。


関東平野は 遠くにしか山が見えていないから
都内に住んでいた時は どこまでも平地ーと思って暮らしていたけれど

いつも帰ってくると思いだす。そうだ山が見える。夏の山も、雪がかぶった山も 本当にきれい。
あぁ!スキーがしたい!!

今朝の雪山は 本当にあまりにも圧倒的にきれいで
泣きそーになりながら見ていた。



昨夜は
いつも通りの時間に寝た後、きっかり2時間後に起きたお嬢さんが
血相をかえて「朝!?」とリビングにおりてきた。
いやいやいや。まだ夜!11時だってば!


その後、なかなか眠れないかもなーと心配したとおり
熟睡はできなかったようで(母しかり。3時48分からもうずっと眠れなかった)
(その時間に新聞やのバイクの音で目が覚めてしまった。ら、もう眠れなかった)

朝。
しゃきっと起きてくるかと思ったら
いつまでも寝とぼけていて
布団の中を見に行ったら 一瞬「ゲ。頭でもいたい!?」というような寝ぼけ顔。


心配をよそに「ダイジョーブ。眠いだけ」といって


超が付くほどのマイペース。

車中ではパフュームを熱唱しながら景気をつけ

にこにこ笑顔で たくましい背中で歩いて行き

午後、迎えに行くと

ヨユ~といった表情で
これまたにこにこ 母のもとに戻ってきたあの、ひとつひとつの瞬間を


ほんとーに、きっと一生忘れないだろうなーと思った。


ヨユウ、ということは 他の皆もヨユウだったということだ。


あとはもう、なんにもすることがないね。

待つのみ!とりあえず、今持っているすべては出し切れてよかったことだ。


なんのこっちゃわからなくてすみません。備忘録的に♪



m1k2jakmkkm at 21:48|PermalinkComments(0)

2018年01月05日

夢に見る

今の仕事を始めた(再開した?)時に
毎晩のように悪夢を見ていたのだけれど

今朝も 「あー夢だ」
「これは夢だ。これは夢なんだ、だからそろそろ起きたい!」
と思いながら 学校を遅刻する夢を見ていて
ガバっと4時半に起きた。なんだもう。あと一時間寝られるじゃないの。


というのが
今日は金曜。リサイクルゴミの日。一週間ぶりに年末からためていたゴミが出せる日。
でも、可燃ごみは11時くらいまでとりに来ないから ゆっくりでも間に合うのに
リサイクルゴミにかぎって、7時までに出さねばならない。
(しかも本当に、ダンボールと新聞と牛乳パックは7時ちょうどに取りに来る)


そんな、リサイクルゴミの時間のあせりと
週末の、大切な予定のために
母はひとりあせっていたようで

子供達が、新学期早々、学校を遅刻する夢を見た。


ここからは夢の話。

リサイクルゴミが間に合っていなくて 気が付けば8時6分。
え、ゴミも間に合わなかったけれど 二人も、なぜ学校に行っていないの!?
なぜ登校班の子たちは、姉弟二人そろって 待ち合わせ場所にいないのに
ピンポーンと呼びに来てくれなかったの?先に学校行っちゃったの?
休むにしても、連絡帳の受け渡しがあるじゃん!

なんでよー
8時過ぎてるよー
自分も会社間に合わないよー


と、焦っているのは母一人で
お嬢さんも坊ちゃんも、にこにこ笑って、優雅にのんびりと玄関を出て行った。

ゴミと共に残された母はぽつーん。ボー然。


4時半に目覚めたその瞬間に スマホで夢占いを見てしまった。

よく、あまりにもキョーレツな夢を見た時に、「今見た夢はどんな意味?」と
まあ、100%信じているわけではないけれど
話のネタに、くらいで確認することがある。(それは脳が疲れるからやめた方がいいとも聞くけれど)


で、調べたら
(それが正しいと信じているわけではありませんが)

待ち構えている大切なことにたいして
遅刻する本人が焦っていないなら、どーんと構えていて 落ち着いてそれに立ち向かうことができて大丈夫、なんだそうだ。


わかるー。あの、どこからくるかわからない どっしり感。


対して
学校に遅刻する二人を、ハラハラしながら
心配で心配で仕方がないワタシは
(そして ひいてはゴミ出しも出勤も間に合わないと焦っている自分は)


今置かれている「母」という立場にぴったり。


もっと、どーんと構えていればいいのにね。

まったく、二人が生まれてから、人の心配しかしていない。

「母」なんてそんなもんなんだろうな。


もー、自分のことだけ考えて、自分のためだけに生きてみたいわ!と
ヤケを起こしたくなるけれど

もうそうもいかないんでしょうね。死ぬまで一生。


解放されたい、気楽にいきたい


と思いながらも

一緒に行くディズニーとかは、一人で行っていた頃とは比べられない楽しさもあるのは
まぎれもない事実、ということで。


神様ワタシのことなんてどーでもいいから

無事つつがなく 諸々が終わりますように―と思う金曜であります。

m1k2jakmkkm at 19:12|PermalinkComments(0)