2019年01月31日

雪だ~

雪が降ってまいりましたよ。

毎度の書き方でいうと、「ボッサ ボッサ」降ってきた。

スタートが雨だったから、地面のベースはぬれているし、
明日の朝は積もるかどうか微妙だけれど

お嬢さんはとりあえず、今日は帰宅の時点で雨が降り始めていたので
自転車を置いてきて、バスで帰宅した。

明日朝も、万が一で積もっているとか、凍結がひどそう、とかだったら
ごめんよ母はノーマルタイヤだから、朝は送って行けないのだ。
がんばってバスで行きなさい。

母も、明日朝どーにもならん状況だったら、歩いて会社に行くさー


さて、いかに。




m1k2jakmkkm at 22:26|PermalinkComments(0)

2019年01月30日

あかちゃん爪切り

ついに壊れたー!という話。

我が家にある爪切り。
ハサミタイプの、赤ちゃん用爪切りもあって
それはお嬢さんが生まれた時に買ったやつ。

正確には、「買ってきてもらった」やつ。
切迫早産で、急に入院するはめになり、
退院したその日に破水して 結局その日のうちに産むことになってしまったお嬢さん。

36週3日。
産着などは用意していたものの、爪切りまでは気が回っていなかった。

話にはきいていたけれど、お嬢さんも生まれた瞬間から爪がのびていたので
顔をひっかいてしまったりして さっそく手にはガーゼのミトンがはめられたりしていた。

仕方なく、生後二日目にして おおままちゃんに頼んで
ハサミタイプの爪切りを買ってきてもらったのだ。
(ホテルのアメニテイの、ソーイングセットについてくるような小さなハサミ)

それを、実は今の今まで現役で使っていた。
もう、13年。いや、まもなく14年目。

それが、昨夜ついに壊れた。
バラバラに分解されてしまったのだ。坊ちゃんの足の爪を切っていた時に(^_^;)
硬かったんだなーきっと。お風呂上りの柔らかい爪のはずなのに、
さすがに小6男子の足の爪は もうふつうの爪切りで切りなさいということか☆

感謝の気持ちをこめて
「ありがとう さようなら。」

ずっとずっと、助かってきたよー。

で、必要ないと思われそうだけれど、また買ってしまうんだろうなーとしみじみ。

これが一番 切りやすいんだものねー。二人にとってはね。

m1k2jakmkkm at 22:23|PermalinkComments(0)

2019年01月29日

早く寝なきゃ

寝なきゃ寝なきゃ と思いながら 毎晩うまくいかない母。


気が付けば22時をまわっていて
そこからはあっという間に23時。

今朝は 何度も起きなきゃと思いつつ 「はっ」と気が付いた時は5:38.

ひえぇぇぇ いつもならその時間にお弁当一人分は終わっているのにー


朝からドタバタ劇場でありました。

あーもう、早く卒業したいー。

そんなわけで やっつけ失礼オバ。

m1k2jakmkkm at 21:58|PermalinkComments(0)

2019年01月28日

北風ぴゅー

さて、本日はお仕事お休みデイ。
今年に入ってから、用があって休むというパターンばかりだったので
今日はやっと、ふつーのお休み。

お休み、ということは耳鼻科をとるべし!
電話もネットもつながらなかったら、直接並びにいけるし!

と、鼻息荒く参戦したけれどあっさりネットがつながって 無事予約できた。

学校帰りに耳鼻科へ直行することを予想して
朝から送り登校。
そして帰りは部活が休みのお嬢さんを迎えに行き、予想通りそのまま耳鼻科へ。


坊ちゃんは経過観察だったけれど、お嬢さんは抗生物質が処方された。

相変わらず耳鼻科の呪縛からは逃れられないのでありました。


もー。医療費無料じゃなかったら こんなに行かないであろう。
しかし無料制度も中3まで。
引き続き有効活用させていただきましょう。

ありがたい制度だ。

m1k2jakmkkm at 21:50|PermalinkComments(0)

2019年01月27日

アンコン

さて、今日はお嬢さんの部活の大会でありました。

インフル続出で、申請してある人数より少ない学校が続出。
かくいう、お嬢さんの学校も 3人欠席。

どうなる事かと思いましたが
無事ステージは終了。

結果もよかったんではないかと。

で、今回の場所。
住んでいる場所より北の方角に一時間 車を走らせねばならなかったので
雪が降らなくてよかったー。

しかし、普段見る場所よりも もっと那須連山が近くなるので
なかなか見応えのある景色。
ちょっとしたドライブ感覚で 楽しい道のりでありました。

行きは、子供たちは電車で行ったので
帰りは乗せて帰ってきた。

で、お嬢さんがすかさずメーターをみて
「あ!お母さん!もう少しで39999!」

おー、そうだった。もうすぐ4万キロ。

今日は片道36キロくらいの走行だったので 往復でついに4万キロ越え。

しかも、帰りに 時間は4:44で さらにその瞬間40000キロ。
おぉー!写真写真!と。お嬢さんにスマホで撮ってもらった。
とった瞬間に40001になってしまいあぁぁぁー


ってなにしてんねん。


ところで。
今の車の前に乗っていたワーゲンは10年乗って4万キロ。
今回は9年で4万キロ。

つか!たった4万キロって。

いかに「街中カー」か。遠出していないか。

それでも、電気系統がこわれたワーゲンは、下取りゼロで廃車だった(涙)
エアコンがこわれて、パワーウィンドウもこわれて、あげくブレーキがおかしくなったのだった。
そりゃー廃車か(でもきっとどこかで乗られている気がする)。

先日 今の車をリコールにもって行った際は 今の車は下取りで35万にしかならないとな。


ガーン。

キロ数はぜんぜん乗っていないのに~
電気系統だって無事なのに~~

やっぱり傷?(^_^;) 坊ちゃんや坊ちゃんの友達の自転車で 傷つけられたからな~~


とりあえずは、お嬢さんや坊ちゃんが18で免許をとって(とるかわからないが)
練習して万が一ぶつけたりして そんなのが終わってから

最後に乗りつぶす一台にとりかえるのもありかな~


なんて思いつつ 今は愛着のあるマイカーをこれからも乗っていきましょー

つーことで一月最後の週末も終わり。
明日からもがんばろう。




m1k2jakmkkm at 22:33|PermalinkComments(0)

2019年01月26日

急変

明け方。

雨なのかみぞれなのか、何か降っているかな~と
うとうとしながら思っていた。

音がするということは 雪じゃないな、と安心していたのだ。

雪は静かに降って静かに積もっているから。

なにか「しん」としている、と思ってカーテンをあけると銀世界、というパターン。

さておき、今朝は カーテンをあけると 屋根にうっすら粉糖がかかっているような積もり方。

あっという間に溶けた。

ガス管とか水道管が通っていない道は 1センチくらい積もっていたけれど
それもすぐに溶けた。
(ちなみに我が家まわりはおそらく何かが通っていて道路があたたかいのか、積もっていなかった)

で、昼2時くらいまでは晴れていたので 洗濯物も乾燥していてよく乾いたし
のんびりのどかな土曜日だったのだけれど

洗濯物をひっこめて、さてガソリンスタンドとスーパーへ行くか、と車を出したとたんに
ぶわーーーーと横殴りの雪。

びっくりした。
まるでスキー場にいて吹雪で何も見えなくなるような。

そう。
今朝は お嬢さんを部活に送って行った帰り道、
雪が被った山々がほんとーにきれいで
なんだか白馬のあたりを思い出した。

あースキー場に行きたい。などと思いながら信号待ちのたびに雪山を眺めていたのだ。

しかし!
ガソリンスタンドで からだの半身が雪まみれになるのを望んでいたわけではなーい。
スキー場でスキーウェアで雪まみれ、なら耐えられるが
給油している間、どーにもよけきれずに雪まみれって。

びっくりした。あの横殴りの雪。

それもすぐにやんだけれどね~


明日は北の方角に遠出しなきゃならんのに
雪、大丈夫かね(^_^;) ノーマルタイヤなんだけど~~

m1k2jakmkkm at 22:27|PermalinkComments(0)

2019年01月25日

我が母校!

さて、本日はお仕事お休みデイ。
いつもは月曜が休みなのだけれど、今日と交換して

午前中は車のリコールがあったのでディーラーへ。

午後は中学校の説明会へ。

坊ちゃんは地元の中学に進学いたします。
ゆえに、我が母校!小学校についで、我が母校~~

入るのはおそらく成人式以来。

体育館は改築されて、屋上にプールがついたり
いろいろ変わっていたので
今日入った建物に関しては「わー懐かし~」とは思えなかったのだけれど

ただひとつ感想といえば「えーこんなに校庭せまかったっけ」ということ。

まあ、今通っている小学校の校庭が広いから 余計に、比べてそう感じるのだろうけれど

それにしても こんなにせまかったー??
テニスコートどこいった?


そしてひどい砂埃。
校庭に車を置かせてもらえたのはいいものの、ものすごい砂埃の中を歩く羽目になり
黒のショートブーツが真っ白に(>_<)
後悔してもすでに遅し。


で、説明会。
・・・。
一時間もかけてやる内容ではなかったんじゃないのー、というのが本音(^_^;)
体育館で、ひたすら寒さを我慢する大会に参加した、というようなものでした。

そして発見したのは、校歌。
音がさがっていた。

昔は「レ」からはじまっていたのに 楽譜は「ド」からになっていた。

立志式などの式典で ピアノ伴奏をしていたので
よーく覚えている。
校歌は「レ」スタートだった!

半音どころか一音さげたのか。
たしかに、当時から 声変わりした男子学生には歌えないキーだった。
ドレミファソラシドレ「ミ」の「ミ」なんて 女子だって歌えない子がいたさ。

でもたとえば
レレソラシソレミミミレシレ

ドドファソラファドレレレドラド

になったところで まだビミョーに高いというかね。
まあ、「レ」と「ミ」では違うっちゃ違うが。

合唱部のお嬢さんに歌わせてみたら きれいなソプラノでよゆーでございました。
おぉ、やっぱりだてに毎日歌っていないわねえ。

母はもともと声が低いから どっちにしろきれいになんて出せん。
当時も歌えなかったから、ピアノ伴奏をさせてもらえてかえってラッキーだった。


という、どーでもネタでありました。

m1k2jakmkkm at 22:08|PermalinkComments(0)