2018年06月20日

ちくわの磯辺揚げ

トートツではございますが

地元の学校給食の定番メニューで「ちくわの磯辺揚げ」がある。
ちくわを縦に半分に切って、青のり風味とカレー味の二種類。


これが、自分が小学生の頃もあったのだけれど
今もあって
最初に子供たちの給食メニューに見つけた時は
へー、今もあるんだ~!と懐かしかった。

なんとなく、家では わざわざ作らないというか。

今日、いつも行くスーパーで 練り物のコーナーに磯辺揚げが売っていた。
え、いつもこんなの売っていたっけ。
ごぼう天とか、枝豆天とかそういう練り物はよくみかけるけれど
磯辺揚げ!?

すでに給食を卒業したお嬢さんは「おかーさん!これ食べたい!これ買って!」とな。

母も、おつまみに食べたくなったので ついつい購入。

久しぶりに食べた磯辺揚げはおいしかった。

そして「揚げパンよりも好きなメニューだったかも~!」と大喜びのお嬢さんでありました。

揚げパンに勝るとは。おそるべし ちくわの磯辺揚げ。
(しかしカレー味はさすがに売っていなかった。ざんね~ん)

m1k2jakmkkm at 22:56|PermalinkComments(0)

2018年06月19日

うるさーい!

だんなと坊ちゃんが、テレビを見ながらやいやいうるさいでございます。

気持ちは分かるが、静かに見てくれい。

前半がおわったところで、坊ちゃんはあきらめさせ、寝かせることに。
今日は、学校とスイミングスクールと、二回プールに入ったので
体力的にはぐったりしているはず。

試合展開的には、眠くはならずに見ていたようだけれど
同点になったところでモチベーションががくっとさがったので
それじゃー寝なさいと。

後半がはじまったようですが
ワタクシはヒコクミンなのでなぁなぁとみております。


勝つか、引き分けるところしか見たくな~い。

というわけで、早々に画面からは引き揚げ、PCに向かう母でございました。
お嬢さんも、期末テスト勉強をさっさと済ませ、さっさと寝室に引き上げるという。

似たもの母娘。似たもの父息子。




m1k2jakmkkm at 22:08|PermalinkComments(0)

2018年06月18日

思い出す。

今日は仕事はお休みデイ。
今週は小学校の旗当番だったので 朝は通学路に立ち
子供たちを見送って、帰宅してゴミ出しをして

さあ朝ドラ見ながら 朝ごはん~と思っていたら
地震のニュース。

震えた。

震度6弱。それは経験した揺れだ。

地面が割れるかと思った。
おおげさじゃなく、地球がだめになったかと思うくらいの。
「天変地異」という言葉が思い浮かんだくらいの。

忘れられない。机の下に隠れたのは初めてだったし、
とても部屋の中になんていられず、ヨロヨロとアパートの外に出たのはつい昨日のことのようだ。
もう7年も前だけれど。



大阪の友人にメール。
バタバタしているところに連絡しちゃっても悪いな、と思いつつ
でも、やっぱり気になって連絡してしまった。
結果無事だったからよかったけれど

津波があるとないとでは こんなにも被害の規模が違うんだな。

あの時、あれは、津波がぜんぶもっていってしまったんだなと
今更ながらに、しみじみと怖さを感じた。

ところで。
昔、大学時代に安比にスキーに行ったとき
夜、大きな地震があって
海なし県育ちのシロウトは雪崩の心配はしても、津波には考えが及ばなかった。

さっきまでナイタースキーしてたのにねー 戻ってきてよかったねーなんて。
家族で来ていたお客さんの、小学校高学年くらいの男の子が一人でお風呂に入っていて
停電しちゃったからこわかった~といってロビーに出てきて


とにかく、あまりの揺れに驚いて
各々の部屋から出てきてロビーに集まった状態でいた宿泊客は
それぞれに雪山の、雪崩の心配くらいしか思えないでいた。

でも、ペンションのオーナー夫妻は、ご親戚?に電話をかけて
「そっち(八戸)は津波は大丈夫?」と言っていた。

そうか、安比というと山のイメージだけれど
でも、ここには海もあるんだ。

地震イコール津波という図式は、海なし県育ちの自分にはまるでなかった。

今思えば、津波というものを理解したのは、あの時だったかも。


余震が続きませんように。
これが余震で、次がさらに揺れる、なんてことがありませんように。




m1k2jakmkkm at 22:27|PermalinkComments(0)

2018年06月17日

12本のバラ

だんなが、先日結婚式によばれた。
主役は20代の二人。

で、最近のワカモノはどんな感じなのかな~と思ったら
二人の紹介パンフレット?やかわいらしい飾り、ちょっとしたプレゼントなど
手作り感あふれるかんじで いいな~と思った。

で、「式次第」。


続きを読む

m1k2jakmkkm at 16:49|PermalinkComments(0)

2018年06月16日

部活からの。

さて、毎週土曜の午前中は お嬢さんは部活。
9時から12時。とはいえ、週末ダイヤだとバスはほとんどないので
今日のようにどんより、いつ雨が降り出してもおかしくない空模様の時には
仕方なく、最初から送って行ってしまう。

今朝も、まずは送り。
帰りもお迎え、に行くついでに午前の最後の診察に間に合えばと耳鼻科も番号予約。

結果、午前の40番をとっておいたら、12時の段階で42番。
惜しい!もう少し後の番号をとればよかった。


結局、学校から耳鼻科に直行したものの、番号をとばされているせいで一時間待ち
診察が終わったのは1時をまわってしまった。

当然、お嬢さんは腹ぺこ星人。
母は通常お昼を3時前後にとることが多いので、慣れっこなのだが。


坊ちゃんが友達と遊びに出かけていたので
お嬢さんと二人でランチ方々買い物に出かけることにした。

おなかすいた~~~!といいながら 急ぎ制服から着替えるお嬢さん。
寒いというのにかなりの薄着で外出。

さて。
お嬢さんと二人だと、カフェでお茶はできるわ、優雅にランチもできるわ
ほんとうに楽ちん。
ただ最近は、やたらと「これかわいい!こういうの着たい!これ買って」攻撃にあうので
時と場所を選ばねばならないのだが。

中高生が好きそうなアパレルブランドの前を通るときは 気持ち早足で。
エスカレーターの横目で見えてしまいそうなときは
あえて反対側に視線がむくように話したりして。

しかし敵もあなどれず。
「ねーたしか、このフロアーにさ、ほら!私が前にここかわいいって思ったお店!あるじゃん!」

ちっ。
このビルにはたまにしか行かないのに、覚えておるのう。


母、自分の「ブツヨくん」より お嬢さんの「物欲ん」のほうがこわいっすー。




m1k2jakmkkm at 22:42|PermalinkComments(0)

2018年06月15日

トホホにたどりつく。

さて、今日は雨の中、坊ちゃんを連れて耳鼻科へ。

お嬢さんは、帰って来たら迎えにいくからすぐ連絡入れて!としていたものの
「今帰ってきたよ~」というメールを受け取った時はすでに
診察の順番が近づいていたので

お嬢さんのピックアップにはもどれず、結局今日は坊ちゃん一人の受診となった。

あぁ。せっかく待つなら二人一緒に受診してほしかった・・・



耳鼻科の待合室は、今日は特に乳幼児が多くて
みんな、ふわふわのくにゃくにゃで かわいらしかった。

いるだけで湿度の高い感じ。
黒目が大きくて、じっとこちらをみる様子。
待合室の長椅子で伝い歩きを延々していて、
いつの間にか伝うものがなくなってしまって 本棚に近いところで立ち往生している子。
(その子はその後結局ハイハイで移動。まだ歩けないのねん。そんなところもかわいい)

なんだか 癒されたー。


あの頃はあのころで、違う悩みがあったけれど

今よりカンタンだった気がする。何事もシンプルだった。


今は、結局いつも「トホホな方向」へ結びつく。


あーぁ。とため息。
もっとおおらかな気持ちでいたいのになぁ。

とほほであります。

試練だ。がんばろう。



m1k2jakmkkm at 23:11|PermalinkComments(0)

2018年06月14日

まさかの拡張!

本日?解禁されたこの情報。
たった4年後にもうできてしまうなんて!!

でもなんだか、淋しい。

4年後に大学生だったらよかったのになー、なんて本気でガッカリしているワタクシでございます。

いや、でも考えようによっては

ちょうど二人は高校生。
ならば、夜の留守番もできるであろう。

平日にいってやるー。

始発に乗って、帰りも最後までいたいなー。

新アトラクションなんて、しばらく大混雑に違いないし
すべては平日にかぎる~。

もちろん子供達とも一緒にいくけれど
母は抜け駆けさせてもらおう。何度でも行ったるでー。

m1k2jakmkkm at 22:37|PermalinkComments(0)