2017年01月18日

初CT

いやー。引っ越した途端にネタを提供してくれる御嬢さんです。


さて。
今日も元気に二人は登校。
母も出勤。職場に到着、掃除、9時に朝礼、その後 課のミーティング。

では席に戻って仕事はじめましょー、と思ったら 引出しの中に入っているバッグの中が
ブルブルブルブル わーやだやだ 電話だ。なんだよー。

と思って引出をそっとあけたら 着信は小学校から。

スマホをつかんで「ちょっと留守電聞いてきます…」と席を立とうとしたら 職場に入電。
たまたますぐ近くの人がその電話をとったので、そのままつないでもらうと
娘が保健室とな。


「頭が痛いといって 授業前から休んでいたのですが、嘔吐しまして。お迎えお願いします。 」


あららーーーー

もどして スッキリしたら、あとは少し寝れば復活するいつものパターンかと思いますがー(小声)


でも、クラスにインフルも出たというし、養護の先生曰く、「まだ頭痛がおさまらないみたいで」とのこと。


仕方なく、9時半で退社。

なんのために出社したのー(涙)

 

さて。


頭痛。

娘は頭痛のあとに嘔吐してしまうことが 過去4年間の間に4回は確実。

他にも含めると 10回は越えないものの

つい最近のそれは 去年の年末。

夜中に「頭がいたい」といって起きてきて、その後一度だけもどして その後はスッキリしたようでぐっすり眠れたようだった、ということがあった。


耳鼻科の先生に話すと「一度みてもらったほうがいい。小児脳腫瘍とかもあるからね」とおどかされ

ずっと気になっていたのだ。


今日はいい機会。

頭が痛い、と訴えるこの瞬間を診てもらおう、ということで 頭痛外来もやっている病院へ。


「ただの偏頭痛だね」で終わらせないでほしいなーと思っていたら
こちらから相談する前に ちゃんと「CTとりましょう」ということになった。

結果、
CTの画像は問題なく、ほんとーによかった。去年の暮れからずっとひっかかっていたことだったので
腫瘍も何もうつっていない、「きれいですよ」といって見せてくれた頭蓋骨画像。

画面上、ぐるぐる角度が回転できて すごいなあ、最近の技術はー、と感心しきり。

副鼻腔はやっぱり、つまりがうつっていて あぁ、この人はやっぱり継続的に治療が必要なんだな、とも改めて思ったけれど、とりあえず今日の頭痛は、別に副鼻腔からきているわけではないとのこと。

CTはきれいということがわかったけれど
ただ、念のため血管もみてみましょう、ということで 今度MRIも撮影することになった。


この年代の女子は 頭痛外来が増えてくる年頃だと先生がおっしゃって
ホルモンバランスや、その他もろもろ 条件がいろいろ重なってくると。

娘はいわゆる「頭痛もち」の人ということになるよう。
偏頭痛が始まったということです。と先生にいわれ
CTの結果が何でもなかったことは喜ばしいのだけれど

それは「がんじゃなくて肋間神経痛ですね」と言われて 喜べなかった自分に似ている。

大きな病気ではないけれど、これから先ずっとつきあっていかなければならないのかー、と思うと


頭痛もちでない自分としては
娘がフビンでならない。


ほんと、体質も既往症も ワタシじゃなくて姉に似てしまったんだなーとしみじみ。

これからは、お守り代わりに鎮痛剤をランドセルに入れておこうね、ということで

とりあえず 本日は解決のはこびとなりましたとさ。


 長々失礼しました~。

さて、明日は仕事がんばろう! 

m1k2jakmkkm at 21:53│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字