2017年04月28日

ハナミズキ

朝。会社に行く途中のハナミズキがとてもきれい。
白とピンクが交互に 道の両側に並木道のように植えてあるのだけれど

毎年、花が咲くまで ここがハナミズキの通りだったというのを忘れている。


そんなに忘れてしまうか自分、とあきれるのだけれど


黄色いイチョウ並木や
もちろん桜並木の場所は 記憶とともに鮮明にあるのに
どーしても、このハナミズキの通りが
ただきれいというだけで、何の思い出もないというか、記憶に結び付いていないんだろうな・・・


4月や5月の、花のシーズンではなくて

枯葉がたくさんおちていた冬のはじめの頃のことなら 記憶に残っているのだけれど。

鼻も頬も真っ赤にして、側道にたまった落ち葉の上をカシャクシャ音をたてて
嬉しそうに踏み潰しながら 延々満面の笑みで歩き続ける坊ちゃん。
うきゃきゃきゃきゃ、といわんばかりに
それは無邪気に、枯葉を踏む音をや感触をただ楽しんでいた。

あの時 お嬢さんは年少さんにあがった年で
坊ちゃんは 母と二人の時間を唯一過ごせた一年間だったんだなー。


最近しみじみ、背が伸びたなあと思う。

声変わりする前に、映像に残しておかなきゃな、と改めて思う金曜日。 

m1k2jakmkkm at 22:27│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字