2017年07月12日

世の中。

色んな人がいますわね。



この仕事を始める前からも思っていたし

この仕事を始めてからも 常々思っている。


毎日知らない人にマックスで6人会う。
週に4日勤務。
一週間で24人。
一か月が16日勤務だとしたら ひとつきでマックス96人。

年間で単純計算1152人。そんなに出勤していないから いろいろ差し引くと
だいたい 年間で900人くらいには会っているということ。


毎日毎日、知らない人に会って、一人一人とお話もして。

人見知りだったら どあーーーーーーと疲れる仕事であろう。

わたしゃ 初対面の人と話すことは 別に苦でも何でもないので
そのへんの精神的負担はないのだけれど

たとえばいわゆる接客業(カフェとかコンビニとか)とは違って

ひとりひとりと 向い合せの席にすわって 5分から10分 お話もするので


そりゃー 疲れる一日というのもあります。



今日はその中でも ほとほと疲れた一日。


世の中いろいろな人がいる。

その人も 誰かのお腹からうまれて
今この瞬間に たとえば両親が他界していていません、だとしても

生まれた瞬間は 誰かのお腹から生まれるわけだから

母がいて、父がいて ご先祖さまや親せきも含めれば(そしてきょうだいもいれば)

家族という存在があっての、「今・その人」なわけだ。


それが。


どうまかりまちがって かけちがえて
そうなってしまうのだろう。


そうなってしまった経緯に興味がある。


そして


本来なら その人をとりまく環境が

もっとしっかりするべきなのだ。


野放しにしては いけない。

m1k2jakmkkm at 21:46│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字