2017年08月05日

はらにいちもつ

腑に落ちないというか

物思うところは多々あり。
これが色恋なら「物想う」と書くのでしょう。

イロコイではないので、「思う」が正しく当てはまる(いやこういうのが回りくどい)。

今日は、お嬢さんと二人で過ごす時間が多かった。


朝から、用があってお出かけ。

本当は、もっと 会場の雰囲気にのまれるとか

ライバルはたくさんいるのだと自覚するとか


とにかく、気を引き締めるべき場だったのだろうけれど

なんでしょう。あの、根拠のない自信。

天狗の鼻をへし折るのは母の役割だ。これはもう、ぶった切るしかないのね、と

厳しい声をふりかけまくり、ちょっとは謙虚になりなさいと。


なぜだか、ラッキーな状況にあるお嬢さん。
それは偶然であり、努力の賜物ではない。

もっと、謙虚に。励みなさい、いそしみなさい、と思うのだけれど。


ずっと上向き調子なわけはないのだから
ここらで一度 落ちておく方がいいんじゃないかと。
いったん落ち込んで、そして這い上がって 秋、冬と調子を上げていけば、ね。


というわけで備忘録的に。





m1k2jakmkkm at 22:29│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字