落差激しいデイ。プール当番

2018年07月29日

ちみってやつは

ほんとうになぜゆえに。

と毎日思わずにはいられないのだが

台風一過?のせいでむん、とした暑さの本日
坊ちゃんは朝から「友達の家にいく~」といって出て行った。

一応、夏休みの宿題を持って。一緒にやるんだとか。うそばっかり。
(そしてうそであった。ほらやらないじゃん)

暑いから、友達の家に入れてもらって遊ぶ、という話だったので送り出したものの

昼ちょうどに帰宅した坊ちゃんの顔は、汗で土埃がはりついてものすごーく汚れている。

グレーのTシャツも、背中は汗びっしょり。

「靴下脱いで!着替えて!」と洗面所に放り込むと

上半身はだかで 着替えを取りにやってきた。

自分で肌着を出して、くるりと振り返ったその背中をみたら 芝生だらけ。

なんでやねーん!!!

首のあたりから、肩甲骨のあたりまで 汗で芝生が張り付いている。

なんじゃそりゃ!ときけば「○○に背中に入れられたんだよ~(笑)」


いや、笑うとこじゃないから。

いったい このクソ暑い公園で 何ごっこをして遊んでいたんだ。

「えっとねー サッカーとー 野球とー 逃走中とー スプラ!(←水鉄砲戦争を指すらしい)」

それのどこに、芝生をちぎりとって背中に入れるということが発生するのだ。


楽しそうで結構なんですがね。
ほんと、昭和の田舎のザ・クソガキだ。

m1k2jakmkkm at 13:49│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
落差激しいデイ。プール当番